©2019 by Emi Fujita --- Mixed Media Glass Art / Flameworking

​Artist Statement

When you gaze at a wilting flower, there is a fleeting moment when it becomes transparent.

I feel that it is the instant when its life force is departing, going back to another realm.

At that moment, I sense that I can visualize its life, which is otherwise invisible.

If there are tranquility and vigor in the principal balance of life, what I am trying to capture is that flash when vigor turns into tranquility, or when tranquility turns into vigor.

As in nature, it is the magic hour when it is neither day nor night.

It is the liminal time when the outline of the world around you becomes obscure.

Aurora Borealis dancing in the night sky.

Or cicada pupa ecloses to turn into the imago.

In the time when I am trying to capture and visualize that instant of life, my own life is in vigor.

I am totally immersed in catching that exact moment.

My life is on fire to the extent that I become oblivious to my own existence. 

If life becomes transparent when it is totally combusted, I may be in the process of becoming transparent.

枯れゆく花を眺めていると一瞬透明になる瞬間がある。


それは命が抜けていく、別のところに帰っていく時だと感じます。

その瞬間、目には見えないはずの命が目に映るように感じるのです。

命が持つ根本的なバランスに静と動があるとするならば、

私が切り取っているのは動から静に転ずるその瞬間、または静から動に転ずるその瞬間のことです。

自然現象に例えるなら夕暮れ時の昼でも夜でもない時間、世界の輪郭がぼやける時間帯。

夜空に踊る北極光。

セミの幼虫が蛹から成虫に羽化する瞬間であったりします。


私がその命が可視化する瞬間について切り取ろうとする時、私自身の命は動の中にあります。

その瞬間を捕まえることに夢中になっているのです。

命が燃えている。自分の存在を忘れてしまうほどに。

命が完全燃焼した時、透明になれるとするならば、今私自身も透明になる過程にいる。